港区で、予防もしながら歯のホワイトニングをお考えの方はぜひ当歯科医院へ

お問い合わせはこちら

ブログ

港区で、予防もしながら歯のホワイトニングをお考えの方はぜひ当歯科医院へ

2020/06/28

どうもこんにちは!

港区の歯医者、白金高輪の歯科、といえば、白金高輪リューズ歯科(^-^)

 

緊急事態宣言の解除があり、みなさんも生活の変化が少しは出てきたのではないでしょうか?

 

マスクは大事ですが、熱中症のリスクをあげます。

広い屋外や、人との接触が少ないエリアでは、暑い日はマスクはしない方がよいこともあります。

 

また、全国的にコロナ感染者数も減り、少し落ち着いてきましたね。

とはいえまだゼロになったわけではないですし、早くワクチンが欲しいところですね。

 

歯科の業界もメディアで、歯医者さんは危ない、とたくさん報道してしまったことにより、患者数は激減しました。


その後最近になり、やっと今月からは予約が以前のように少しずつは回復してはきましたが、、、。

 

ただ、そこで患者さんに注して欲しいことがございます。

 

正しい真実を覚え、正しく怖がる、ということですね。
メディアに踊らされてはいけません。

 

 

重要なことや事実をチェックすることは大切なことですので、今後もぜひ続けていきましょう。


ただしなんのエビデンス(科学的根拠)のない事実をメディアが流していることも珍しくありません。

 

実は、今日の日本には全国に歯医者さんは約68,000軒以上存在しますが、歯科治療でのコロナ感染者は全くいないのです。


この事実を皆様は御存知だったでしょうか?

 

全国でとても多数のコロナ患者さんが発表されたこの期間中で、歯科治療では誰ひとりとして感染などしていないのです。


この事実は、日本の歯医者さん達が、いかに日常からの院内感染予防へ気をはり、気を付けているか、がまさに実証された形です。

 

しかし、世間の患者さん達がメディアでの報道内容をチェックして怖くなり、歯医者へ行くのを敬遠してしまい、やめてしまうのもよくわかります。

 

 

ただし、普段からの口腔ケアや、メンテナンスなどをおこたってしまうことの方がとても大きな損失となるのです。

 

歯や歯肉など、口腔状態を清潔にすることが全身疾患を防ぐ万病への予防へと繋がります。


歯医者でのメンテナンスを受けている患者さんと受けていない患者さんとでは、誤嚥性肺炎のなりやすさが全然違う、ということも最近の研究でわかってきております。

 

若年層でも、歯石などの汚れをそのままにしている歯周病の感染者は多数存在し、成人の歯周病患者さんは80%というのもわかっております。

 

また、歯周病自体は痛がなく自覚症状のない疾患であることもあまり認知されていません。

痛みがないから問題ない

と思ってしまっている患者さんがもてもたくさんいらっしゃいます。

 

新型コロナへの感染が怖いからと、歯医者さんでの治療やクリーニングをやめてしまうということは、ほかで例えるならば、

 

一緒に住んでいる息子さんが、身体には至って問題はないのにも関わらず長いこと家に引きこもっていたします。

 

その息子さんに

『ちょっとは気晴らしに外出でもしたらどうだ?」

と訪ねた際、その息子さんから

『外に出ると車にひかれたり、危ない人に殺されしたら嫌だから、外出はしたくない』

と返されたら、どうしますか?

 

当然外へと出たらそれらの危険性全くないわけではありませんね。
ただし、極めて可能性の低いことであり、むしろに外へ出ないでひきこもっていることの欠点の方が圧倒的に多いですよね?

 

この例え話のようなことが、日本全国の歯医者さんへの間違った印象のせいで、予約が激減してしまっているのです。

 

梅雨が始まり、湿度が高く雨も多く天気を読むのが難しい季節になってきましたが、定期健診、歯のクリーニングができていない方は、ぜひいらしてください!

 

3ヶ月から6ヶ月に一度はお口のメインテナンスやお掃除をすることが、未来の健康なご自分へと直結致します。

 

御予約、ぜひお待ちしております(*^^*)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。