港区で歯のホワイトニングをお考えの方は当歯科医院へ

お問い合わせはこちら

ブログ

港区で歯のホワイトニングをお考えの方は当歯科医院へ

2020/05/24

こんにちは、港区の歯科、港区の歯医者、の白金高輪リューズ歯科です★

港区で歯のホワイトニングをお考えの方はぜひ当歯科医院へお越しください!

 

最近患者さんたちを見ていると、中には清掃や歯石除去などのクリーニングをせずにホワイトニングをしようとする方も多いように思います。

 

しかしそれはオススメ致しません。

なぜならばまず歯の表面についた歯石や着色を落としてからでないと効果は激減だからです。

 

例えば美容院にて髪を染めようとした場合、シャンプーをしていない泥や皮脂などがついた頭皮のまま、染めようとはしませんよね?

同じことです。

 

また、そもそもホワイトニングで綺麗にしても、クリーニングをして歯石を取り除いておかないと大変恐ろしい病気になってしまうためです。

 

それは、、“歯周病”です。

本日は歯周病のお話をさせていただきます。

 

まず、歯周病とは、細菌感染により引き起こされる病気です。

 

歯と歯茎の境目の歯肉ポケットと呼ばれるところのブラッシングがおろそかになると、多くの汚れや細菌が停滞し歯肉の辺縁が炎症を起こし赤くなったり、腫れたりします。

 

そしてそこで恐ろしいのは痛みは基本的にないのです。

つまり自覚症状がないまま進行していくのです。

 

そして、進行するとポケットが深くなり、歯を支える土台となっている顎の骨が溶けて歯がグラグラと動くようになります。この溶けた顎の骨はもう治療しても戻ることはありません。

そして最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

 

そもそも歯周病の原因はなにか。

口の中には約500種類の細菌が存在しています。

ブラッシングがうまくできていないと、その細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着していきます。

これを歯垢(プラーク)とよび、粘着性が強くうがい程度では落とすことができません。

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が存在していると言われており、むし歯や歯周病の原因となります。

 

その中でもポケット内に残された歯垢(プラーク)の細菌が歯肉の炎症をひき起こし、やがて歯を支えている顎の骨をも溶かしていくのが歯周病で、結果的に歯を失う主な原因となります。

歯垢(プラーク)は速やかに取り除かないと数日で硬くなり、歯石へと変化し歯の表面に強固に付着します。

歯石になるともうブラッシングでは取り除くことができません。

この歯石の中や周りに更に細菌が付着していき、どんどん歯周病を進行させます。

歯石は歯科医院のクリーニングでしか取り除けません。

ホワイトニングには歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングや、自宅でおこなえるホームホワイトニングがありますが、どちらのホワイトニングをやるにしても、まずは普段からのクリーニングが必須となります。

 

お手入れやメンテナンスに忙しくて来られてないかたは、ホワイトニングの前に検診クリーニングをオススメ致します!

 

ご予約お待ちしております☆

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。